· 

久しぶりに雑石積み 犬島産なのに御影石?


久しぶりに雑石積みの現場です。
雑石とは大きく切り出された原石(この石の場合100t前後)から

切り出した石から雑に大体の大きさに割り出されているので

雑石(ざっせき)とか雑割り(ざつわり)と呼ばれています。

こんな感じの大きさの石に

このような大き目の石を時々混ぜながら

積み上げていきます。

人工的に割り出された石ではありますが

山をゴロゴロしている間に丸みをおびて

やや自然な雰囲気を醸している石もあります。

全面を加工されている材料ですが

できるだけ自然の石のやさしい雰囲気を

 

石を立てて積み上げて行くのですが

できるだけ奥行きを感じられるように

 

セメントを詰めながら積み上げる(練り積み)

ですができるだけ空積み風に

 

とのオーダーを頂いていますので

 

どう考えても人工的な構造物をできるだけ自然に見せるために

何かと気を使いながら進めていきます。

 

だいぶ出来てきました。

残りは天端(前からは見えませんがてっぺんの石)と

間に詰めている石の調整です。

石垣風に小さな石をかませています。

さて

自然の石の魅力を表現できていますでしょうか?

 

今回、初めて犬島産の花崗岩を使用しての雑石積みでしたが

 

『犬島産の御影石を使った雑石積み』

 

と表現しても普通に石屋さんには通じます。

 

御影は神戸の地名なのでチョット変な感じもしますが

全然通じてしまいます。

 

石積みをオーダーすることがあれば

是非使ってみて下さい。