top of page
  • Kentarou Sakae

スマホでドライストーンウォーリング ”スマホで学ぶ石積み講座” 英国式ドライストーンウォーリング編

更新日:1月14日






           

ドライストーンウォーリング7つのルール

 

イギリスのDry Stone Walling Associationや日本での石積みの経験をもとにドライストーンウォーリング工法の基本についてインスタグラムにまとめてみました。

01.Foundation

02.Hearting

03.Face stones   

04.Through stone

05.Cover band  

06.Coping

07.Corner stone

基本的にはこの7つ程の違った役割をもった石が石の壁を構成しています。7つの石の持つ機能を理解することでドライストーンウォーリング全体の構造を理解し、強固な石積みの壁を構築することができます。

使っている石材は昨年サンフランシスコ市の日本茶園に贈らせて頂き、現地でのデモンストレーションでも使用した兵庫県産竜山石。日本で最も古い採掘の歴史を持つ石材と言われています。

イギリスのコッツウォルズ地方で産出する石材にも似た質感は寺社仏閣からインテリアなど様々な空間でその持ち味を見せてくれます。

プロ、アマ問わず石積みに興味をお持ちの方の参考になれば幸いです




閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

あけましておめでとうございます 今年の初詣は生石(おうしこ)神社へ 「石の宝殿」と呼ばれる巨大な龍山石の岩盤から人の手によってくり抜かれた御神体は「日本三奇」の一つとされています 昨年から龍山石を使った作品作りの準備を進めています 店舗の内装と外部にはドライストーンウォーリング(空石積み)を採用して頂きました。 日本で最も古い採掘の歴史を持つとも言われる龍山石の魅力に触れて頂ける場所に出来るよう、

bottom of page