• Kentarou Sakae

僕の体は "ドライストーンウォーリング"でできている #2 タネトさんに行って来ました






「BEARD」さんと言えば「タネト」さん、と言う事でオーガニックに特化した直売所「タネト」さんへ。原川さんが雲仙に移住されたのも岩崎と共にタネトの奥津さんの影響が大きかったそうです。







お店に入ると農家の方が野菜を運んだり、自身で陳列されて値札をつける作業をされていました。農家の方やお客さんに声をかける奥津さんらしき人の姿もありました。お忙しそうにされていたので声はかけずに店内をウロウロ。





思っていた以上に品数が多く、野菜やパン等の食品の他に食器等いろんなものが揃っていました。お店の奥では古本も。







お店の中でランチが頂けるとのことでしたがランチの時間まで少し時間があったので予約させて頂き、一旦外へ







お店のまわりには沢山の畑や田んぼがありました。その中には一部ですが空石積みも、小振りなサイズの石で積み上げられた背の低い石積みが可愛らしく、このあたりの赤っぽい土と共に印象的でした。


時間になったのでお店に戻ってランチをいただきます。





島原育ちの全粒麺

 ゴマダレソース

 岩崎さんの玉ねぎ

 ひじきのソテー

 堀川さんのさつまいも

 野口さんの小ねぎ

冷奴

かぼちゃのかき揚げ

地アジのフライ




市場の0.5%に満たないオーガニックや農薬不使用。在来種の種取り野菜は、さらにその1%以下と約2万分の1の存在だそうですが、そんな希少な野菜を使ったランチ、「体にいいもの食べてるなー」が実感できる優しい味わいに満足。


頂いた野菜の幾つかは、きっと石積みの畑で育ったのかなと思うと、「やっぱり僕の体の幾らかは石積みで出来てるんやな」と一人で納得。








タネトの奥津さんの取り組みについては発売中の

”ブルータス No. 946 みんなの農業。”

でも紹介されていますので興味のあるかたは是非!


あ、杉本博司さんも出てるのでアート好きのかたも是非!


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

あけましておめでとうございます 今年の初詣は生石(おうしこ)神社へ 「石の宝殿」と呼ばれる巨大な龍山石の岩盤から人の手によってくり抜かれた御神体は「日本三奇」の一つとされています 昨年から龍山石を使った作品作りの準備を進めています 店舗の内装と外部にはドライストーンウォーリング(空石積み)を採用して頂きました。 日本で最も古い採掘の歴史を持つとも言われる龍山石の魅力に触れて頂ける場所に出来るよう、