• Kentarou Sakae

榮 建太郎(Kentarou Sakae)プロフィール

更新日:2021年9月9日




榮 建太郎

Kentarou Sakae

1973年兵庫県神戸市生まれ

19歳の時に石工の仕事にふれ石職人を志す。

大規模な建築工事や個人邸など様々な現場で経験を積む。

2015年にイギリス Dry Stone Walling Association of Great Britain にて英国の伝統的な石積みの資格を取得。

最古からの自然素材とも言える石を積み上げ現代の外構や庭、公共空間等の装飾として調和させ四季や陽光、雨風によって表情を変えるドライストーンウォーリングの魅力にふれる。


日本での経験と永年に渡り伝えられる世界的な伝統の技術を継承することで耐震、耐久に優れる新しい石積みの表現を研究。

2018年には現代アートの展覧会「六甲ミーツアート芸術散歩2018」にて出展作品”いしのたね”が公募大賞準グランプリおよびオーディエンス大賞準グランプリを受賞

閲覧数:69回0件のコメント

最新記事

すべて表示

あけましておめでとうございます 今年の初詣は生石(おうしこ)神社へ 「石の宝殿」と呼ばれる巨大な龍山石の岩盤から人の手によってくり抜かれた御神体は「日本三奇」の一つとされています 昨年から龍山石を使った作品作りの準備を進めています 店舗の内装と外部にはドライストーンウォーリング(空石積み)を採用して頂きました。 日本で最も古い採掘の歴史を持つとも言われる龍山石の魅力に触れて頂ける場所に出来るよう、