kentarou_sakae.jpg

榮 建太郎 (いしころ)
kentarou sakae

1973年

兵庫県神戸市生まれ

 

1992年

19歳で石工の仕事にふれ石職人を志す

 

 六甲アイランド造成工事

神戸ハーバーランド造成工事

淡路 ハイウェイオアシス

淡路 百段苑 (安藤忠雄建築研究所)

兵庫県立美術館 (安藤忠雄建築研究所)
兵庫県立淡路景観園芸学校等

大規模な公共工事や個人邸の他に

城などの重要文化財の修復を通じて

日本の石仕事を学ぶ

2015年

イギリスの石積みと文化の保全団体

Dry Stone Walling Association of Great Britain

にて英国の伝統的な石積みの資格を取得
ドライストーンウォーラー(Dry Stone Waller)

として同協会に所属


日本での経験と世界的な伝統の石積み技術を学び

新しい石積みの表現の研究を続け

現代アート作品の製作にも取り組む

 

2018年

現代アートの展覧会

「六甲ミーツアート芸術散歩2018」

にて石積みによる彫刻作品

”いしのたね”

公募大賞準グランプリおよび

オーディエンス大賞準グランプリを受賞
現代アートの専門家はもとより

一般の来場者からも高い評価を得

​ストーンアーティスト

とも呼ばれる


 

2022年

日本の石積みの魅力を伝えるため
アメリカ、サンフランシスコの日本庭園での
石積みを控える